片頭痛は病院で診断を受けよう【痛みの改善は原因究明が重要】

医者

頭の片一方が痛む時には

看護師

片頭痛は頭の片方がずきずき痛むもので、ストレスからの解放などによる血管の拡張や、ホルモンバランスの変化が原因です。自己流で鎮痛剤を飲むとかえって痛みが出ますので、病院に行って薬を処方してもらうようにしましょう。また、規則正しい生活やビタミンB2、マグネシウムの多い食品を摂るように心がけましょう。

Read More...

頭痛外来という選択肢

病院

最近、慢性的な頭痛に悩まされる方が増えています。そのような背景があり、頭痛外来という頭痛を専門に取り扱う病院が登場しました。例えば片頭痛一つ取っても、様々な原因・症状・対処法が存在します。辛い慢性的頭痛から解放されるために、是非一度頭痛外来で専門医の診察を受けてみて下さい。

Read More...

安心な頭痛の見分け方

病院

随伴症状の有無

片頭痛は種類がたくさんあります。この中では安心な場合と直ぐに病院受診をした方が良い場合にわかれます。安心な場合はめまいと吐き気が無く痛みが我慢できる程度の場合です。頭痛にも種類があります。両方のこめかみに脈拍のリズムのようにズキンズキンとしている痛みがあります。この時は寝不足の時に起きやすい片頭痛です。眠れば改善されますがこの時だけ熟睡後にも続く時や程度が酷くなった時は病院に受診することになるのです。また、ストレスによる頭痛もあります。ストレスからくる頭痛の場合、心療内科や精神科で治療を受ける必要が出てきます。また、ストレスからくる頭痛によって、一時的に高血圧なる場合もあります。そのような自体にならないためにも早めに心療内科や精神科への受診をおすすめします。どうしても病院にいく必要があるようなときは痛みは薬を飲んで2時間以上経過しても痛みが軽くならずに酷くなっていく場合です。この時の片頭痛は緊急時の場合に入るのです。痛み止めを飲んでも効果が出ない時は直ぐに病院に自分で行くのではなく家族に連れて行ってもらいます。病院にいくと検査をしてくれます。普段には起きない痛みがあるときは特に注意が必要になるのです。他にも熱がないか他に痛いところがないかなど冷静に考えて表情や言動が普段通りであることがどうもない時の状態です。

緊急で行くとき

緊急時の症状に頭痛に加えて呂律がまわら無いときや真っ直ぐ歩けない時や左右のどちらか一つの感覚がない時などです。痛みの程度は後頭部に急激な激痛が起きた場合や意識がなくなった場合や血圧を自宅で測定した時200に近いとき等です。他に目がちかちかとしている時や見にくいときや食べたものを吐いた場合は病院に受診をした方が良い場合です。体全体を見ていつもと違うときは直ぐに医師や看護師に伝える必要があるのです。片頭痛が起きた時間や続いている時間を把握しておくと医師に聞けれたときに答えやすいです。病院についてどうもなくなった時は一時的な頭痛です。緊急で来たのにと恥ずかしがることはないのです。一時的に激しい痛みは日常では起きないことです。痛みが治まってもまた後から起きた場合を考えて医師は検査を入れます。どうもない場合でも急に痛みが起きたとき手足などに痛みやしびれがなかったかなど観察するように説明があります。その時処方された薬を飲んでしばらく通院するように言われる場合もあります。頭痛はとても重要な体の部位です。トラブルが起きて直ぐに対応できるかどうかで命に関係するのも脳疾患の特徴なのです。急な出来事が家族に起きた場合は直ぐに対処出来るようにしておくと便利です。

片側だけ痛むとは限らない

病院

片頭痛はよく「目の前にチカチカする光が現れ、頭の片方がズキンズキンと脈打つように痛む」といわれます。しかし、こうした特徴に当てはまらない片頭痛もあるので、頭痛に悩んでいるときは病院を受診することをおすすめします。市販薬でも処方薬でも、不適切な使用法をすると薬物乱用頭痛の原因になるので注意が必要です。

Read More...

ズキズキする頭痛

看護師

ズキンズキンとした強い痛みが目やこめかみの周辺に発作的に現れる場合は、片頭痛の可能性を疑ってみる必要があります。市販の鎮痛剤は片頭痛には効きませんので、薬を飲んでも痛みが全く収まらない場合は、病院を受診して専門医に診てもらうようにした方がよいです。

Read More...