片頭痛は病院で診断を受けよう【痛みの改善は原因究明が重要】

医者

片側だけ痛むとは限らない

病院

よく聞く症状と違うことも

片頭痛は普通、頭の片方が痛む頭痛と思われています。しかし実際には、頭の両側が痛むにもかかわらず病院で診察してもらったところ片頭痛であるとわかった、という患者もいます。このように、必ずしも頭の片側だけでなく両側にも現れるタイプの片頭痛になったことのある人は、全体の患者の約40パーセントにのぼるとされています。片頭痛のもう一つのよく知られた特徴として、頭痛が始まる前にチカチカと点滅する光が見えるという症状があります。これは片頭痛の前兆と呼ばれている症状ですが、この前兆が現れない片頭痛もあるのです。さらに、片頭痛といえばズキンズキンと脈打つようなリズムのある痛みが特徴ともいわれています。ところが中には、この脈打つような感じを伴わない片頭痛もあります。このようなことから、長く頭痛に悩まされてきた人の中には、症状について調べてみても自分と合致しないので、自分は片頭痛ではないと誤解してしまっている人もいます。そうした患者の中には、自己流で市販の頭痛薬を選び連用している人も少なくないとみられます。しかし、片頭痛は適切でない薬の使用によって症状をさらに悪化させることがあります。頭痛が慢性的になっている人は、一度病院で正しい診断を受けてみることをおすすめします。

鎮痛剤の乱用が頭痛を招く

全国の片頭痛患者は約800万人以上にのぼると報告されています。ただしこれは病院で治療を受けている患者数であり、まだ病院を受診していない潜在的な患者も多数いると考えられています。病院での治療には、現在出ている痛みを改善する急性期治療と、痛みが出ていないときでも薬を服用することで症状を予防する予防療法とがあります。急性期治療には、トリプタン製剤などの薬が用いられます。トリプタン製剤が日本で用いられるようになったのは比較的近年になってからのことです。この薬が使えるようになったことで片頭痛の治療法は大きく進歩しました。ただし、これが便利な薬であるために、最近では過剰服用による問題が生じてきています。トリプタンに限らず、鎮痛薬というものはすべて適量を適切なときに用いることが重要ですが、頭痛薬は一般のものなら気軽にドラッグストアなどで買えるために、鎮痛剤に対して軽く考えてしまう人が増えているのです。市販のものであっても、処方されたものであっても、鎮痛剤を使うときは用法をきちんと守ることが大切です。しかし現在のところ、不適切な鎮痛剤の使用による薬物乱用頭痛の患者は増加しており、今後もこの増加は続くとみられています。