片頭痛は病院で診断を受けよう【痛みの改善は原因究明が重要】

医者

頭痛外来という選択肢

病院

頭痛外来の現状と今後

「頭痛」には様々な種類が存在します。睡眠や休息を取れば収まるような軽い頭痛から命に関わる頭痛まで、原因も症状の度合いも異なるので、対処法や治療法も患者さんによって変わります。一般的に、頭痛は風邪などによって発生する突発的な頭痛と慢性的な頭痛の2種類に分けられます。最近、ストレスや過労などで慢性的な頭痛に悩まされる方が増えていると言われています。慢性的な頭痛の場合、個人で体質や生活習慣を振り返っても原因が分からないケースが多いそうです。特に、片頭痛の場合は吐き気や、目の奥がえぐられるような痛みを併発する事が多く、日常生活を送るだけでも辛いという方もいます。このように、片頭痛をはじめとする慢性的片頭痛患者増加の背景があり、近頃は頭痛を専門に扱う「頭痛外来」の病院が増えてきています。特に街中や都市部に多く、平日夜や土日祝日といった他の病院が休診の時間帯に診察を行っている頭痛外来もあります。しかし、比較的長めの診察時間にも関わらず、多くの頭痛外来病院が常に混雑しているようです。このような状況から、老若男女問わず実に多くの人が頭痛に悩まされているという事を伺えます。市販頭痛薬の劇的な進歩でも無い限り、頭痛の専門医である頭痛外来は今後も増え続ける事が予測されます。

診察を上手に活用するには

では、頭痛外来を受診すると、どのような治療が受けられるのでしょうか。まずは、症状である頭痛に関する問診票を記入します。例えば、どのように頭が痛いのか、頭の痛み以外に吐き気や圧迫感などはあるか、という項目があります。記入した問診票に沿って、血圧・血液検査、CT検査などを行います。前述の通り、慢性的頭痛と言っても、片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛というように多くの種類が存在するので、診察の情報源である問診票と検査結果がとても重要なのです。頭痛外来を受診する際には、どのように頭が痛いのか、吐き気などの他の症状があるかどうかを整理しておくと良いでしょう。大変でしょうが、自分の症状を見つめる事がより良い診察につながると言えます。尚、症状が出ている時を狙って病院を受診する事は難しいと思われるかもしれません。しかし、たとえ症状が出ていなくとも、受診できる時に受診する事をおすすめします。CT画像や検査結果などから専門医が慢性的頭痛の原因を診察してくれますし、症状によっては突発的な頭痛を鎮めるための頓服薬も処方してもらえます。慢性的な頭痛にお悩みの方は、是非一度頭痛外来を受診してみて下さい。専門医の適切な診療によって、長い間苦しめられてきた頭痛から解放される第一歩となる事でしょう。